モバイルインターネットを超高速する方法



漫画のコントとしては質がよくないですが
方法としてはうまくいきます。

どなとかのコメントにだいぶ前書いたことがあります。


超高速化というのはあまり期待しないでください。
多分大元の話が虚懐されてこのまとめになっています。


特にですが、無線は電波を拾ってなんぼです。

テレビなどでもアンテナを見ると
・八木アンテナ:何本もアンテナが有る
・パラボラアンテナ:電波集めて受信している

後者の方式を採用しています。


アンテナは小さいので電波が不足している(弱い)
そこで、周囲に来ている電波を集めてあげる(強くする)

小学校などでやる太陽光線で黒い紙を燃やす実験と同じです。
そのままでは燃えません。

虫眼鏡を使って集光(太陽光線を一箇所に集める)すると
火がつきます。



うまくいかないときのダメなのは次の点です。
虫眼鏡使うだけではかえって火がつきにくくなります。
集光した焦点(一番光が小さく集まった部分)に
紙を置く必要があります。

パラボラアンテナをステンレスのボールで代用できます。

その時大事なのはスマホやルーターの
アンテナがボールなどの曲面の焦点に置くことです。

また、向きがいい加減でも逆効果です。
せっかくの電波をすべて弾いてしまうこともありえます。

向きは、たった一方向しか正解がありません。
(実際には3方向くらいありますが…)
これはテレビアンテナと同じです。

電波塔の方向に正確に向けないとテレビうつりません。


電波の来る方向を確認し(ここ難しい)
その方向にしっかり曲面を向け
反射波が収束する焦点にアンテナを置く!
(スマホのどこでもいいわけじゃない!!)

虫眼鏡と同じで、虫眼鏡で光を集めても
その光が当たるのが紙の上ではなく地面だったら…
絶対紙は燃えません。

同じように、焦点にアンテナが来ないとダメなんです。
そこまできちんと書いているものは見たことがまだありません。

機種ごとにアンテナの位置が違うので難しい。



ならどうするかというと、こんな小さいものではなく
もっと大きなボールを使います。

焦点より少し手前にスマホをおきます。

すると、小さなボールで集まるのと同じくらいの電波が
スマホのどこにでも当たるので適当においても
受信感度が上がります。

だからといって超高速になれるか?というと、
通信速度はそんなには上がりません(T_T)

通信圏外ぎりぎりの場合、通信できるようになる♪
途切れがちな通信が安定する♪


という効果が大きいです。( ̄▽ ̄)

| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »